法律家になるためのハードルは低い

法律家というのは、何も司法試験に合格した人たちだけを指すワードではないのです。
司法書士試験に合格した人を法律家という場合もありますし、さらにそれよりも難易度の低い不動産鑑定士や行政書士、社会保険労務士などを広く法律家というケースもあります。
ですから、ただ法律家になれればいいというのであれば、それほど高いハードル設定にはなりません。
行政書士なら割と合格率も高いですし、試験問題も司法試験ほどではありませんから、これを受験して合格してしまえばいいだけです。
ただし、それで稼げるかどうかは本人次第です。
行政書士のような割と簡単な資格を持っていても、仕事が向こうからやってくるわけではないからです。
自分から営業努力をして、仕事を勝ち取って行かなければいけません。
ただ、年収300万円ほどなら比較的簡単に稼ぐことができます。
食べていくだけならそれほど難しくはないので、就職ができなかった人たちには便利に使われています。

相続した不動産を売却したい
不動産の売却方法でお困りならお手伝い致します

税務に安心をお届けします
高額な請求をする税理士先生・・・そんな時代は終わりました。

メールで法律相談する時のポイント

法律相談をメールで行う際にポイントがあります。
最も重要なポイントは要点をしっかりとまとめてお

肩の力を入れずに勉強した方が良い

法律に違反することなく真面目に暮らしていれば何も問題はないと考えている人がけっこういますが、ある日突

法律を学ぶことによるメリットについて

法律に関する知識をつけることは、難しいことというイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。<

配偶者の連れ子も相続人になれる

私の小学校からの中の良い友人は母親が再婚して新しい父親ができました。
新しい父親にも子供がおり

サイトコンテンツ

メールで法律相談する時のポイント
肩の力を入れずに勉強した方が良い
法律を学ぶことによるメリットについて
配偶者の連れ子も相続人になれる